犬のシャンプー手順、コツを覚えて自宅シャンプーに挑戦しよう!

愛犬のニオイや汚れは気になるけれど、シャンプーのやり方がよくわからない・・・毛玉ができている場合は? シャワーの温度は? 泡が目に入った場合は? 体の乾かし方は?・・・など、気になることだらけで自宅シャンプーをあきらめたり、躊躇している飼い主さんは多いはず。まずは愛犬のシャンプーの手順を知ることから始めてみませんか。コツを覚えたら、自宅シャンプーにぜひチャレンジしてください。

シャンプーのコツ

1. ブラッシング

シャンプーの前には必ずブラッシングを行います。スリッカーなどでとかしましょう。
ブラッシングスプレーを使うと、毛の舞い散りを抑え、スムースにブラッシングできるので○。
毛玉がある場合はときほぐします。そのままシャンプーしてしまうと、毛玉がさらに固まるので×。

2. 濡らす

犬がシャワーの音に驚かないように、お尻の方から濡らします。湯温は37~38℃に設定。

表面だけではなく、地肌までしっかり濡らします。
デリケートな顔周りは、お湯を含ませたスポンジやタオルなどを使って濡らしてもOK。

3. シャンプー

シャワーの水圧にびっくりしてしまう子もいるので、シャワーヘッドは犬のボディに近づけて使うとよいでしょう。なるべくほめながら作業して、シャンプー嫌いにならないように!

ボディにシャンプー剤を付けて、全身に広げつつ泡立てていきます。
足の裏や指のあいだは汚れがたまりがち。しっかり洗いましょう。
顔にはなるべく直接シャンプー剤を付けず、ボディの泡を使って洗います。

4. すすぎ

リンスを使う場合は、シャンプーをすすいだ後、リンス液を適量を手にとり、体に直接つけるか、ぬるま湯に溶かして体にかけ、全身にムラなくなじませます。
リンス液も、シャンプーと同じように頭部からシャワーをあててよくすすぎます。

最初は頭から、手早くすすぎます。下あごをしっかり支えてください。泡が目に入ったら、慌てずにお湯を手に取って流します。
すすぎ終わったら、足の付け根から足先へ向けて水分を絞ります。「プルプル」をさせると、耳の中の水分を飛ばせます。
すすぎ残しやすいところ。

5. タオルドライ

タオルでしっかり水分を取ります。
ドライヤーを当てる時間を短縮するためにも、重要な作業です。ブルブルしても水滴が飛ばなくなるくらいが目安です。

6. ドライング

スリッカーなどでとかしながら、全身を乾かしていきます。温度は低めに設定し、ドライヤーはできるだけ固定するのがコツ。

乾かしにくい部位は、すすぎ残しやすいところと同じ。生乾きだと毛玉の原因にもなるので要注意。ドライヤーを犬の体に近づけすぎないように注意しましょう。
きれいになりました♪