【動画でわかる】犬の歯みがき方法をプロが解説。「歯みがきガム」は、正しい与え方でケア効果がぐんとアップ!

愛犬の歯とお口のケアは、大切な健康管理のひとつです。犬は人より歯垢が歯石に変わるスピードが速く、お口の健康課題も多いので、毎日の歯みがき習慣をつけて、口内を清潔に保ちましょう。愛犬に歯みがきはムリとあきらめている飼い主さんは、歯みがきガムを使った簡単ケアから始めてみませんか。正しい与え方をすることで、お手入れ効果はぐんと高まります。

<監修・実演>箱崎 加奈子先生(獣医師・トリマー・ドッグトレーナー)

まずは動画をチェック

歯みがきガムの正しい与え方をもう一度見ていきましょう

用意するもの

犬に噛ませることで、歯垢を除去し、口の中を清潔にし、口臭を抑えるなどの効果が期待できる「歯みがきガム」。硬すぎず、愛犬のお口のサイズに合ったものを用意しましょう。

歯みがきガムを選ぶポイント

歯みがきガムは、硬すぎないものを選びます。手で曲げられて、愛犬の歯が食い込むぐらいの硬さがおすすめ。硬すぎると歯を傷めたり、歯が食い込まず歯の根元の歯垢がとれなかったりします。

歯みがきを目的としたガムは、素材が繊維状等で、噛むたびに歯の表面がこすれるものが効果的です。

歯みがきガムの与え方

歯みがきガムは、犬に与えっぱなしにするのではなく、飼い主さんが、汚れがつきやすい第4前臼歯をねらって噛ませるのがポイントです。

第4前臼歯は、上あごにある一番大きな奥歯。近くに唾液の出る場所があり、唾液中のカルシウムが沈着して歯石がつきやすい箇所です。

与えるときは、口の横からガムを差し入れ、少しずつ送りながら噛ませていきます。犬が十分噛まずに飲み込んでしまわないよう、最後まで飼い主さんが手で持ったまま与えてください。

左右しっかりと噛ませます。歯みがきガムはたまに与えるだけでは、オーラルケアの役目を果たしません。毎日の習慣にしましょう。

箱崎先生からのアドバイス

しつけやおやつにも使える歯みがきガムは手軽で便利ですが、あくまで補助ケア。最終的には歯ブラシでみがけるようにしましょう。

あわせて読みたい