愛犬がトイレを覚えてくれない…。すぐにでも実践できる3つのコツとは?

子犬を迎えたら、まず覚えてほしいのがトイレです。でも、最初はなかなかトイレでできなかったり・・・粗相をしてしまうことも・・・。そんなとき飼い主さんは叱らず、騒がず、優しく見守ってあげることが大切。いますぐ実践できる、愛犬にトイレを覚えてもらうための3つのコツを紹介します。

トイレを覚えてもらうコツ

根気よく教えましょう

便意をもよおしてソワソワし始めたら、すかさずトイレまで連れて行って、用を足すまで待っていてあげましょう。
これを何度も繰り返すと、ちゃんと覚えてくれますよ。

叱らずほめましょう

万一、失敗しても叱るのはやめて。
そして、うまくトイレで排泄できた時はたくさん褒めてあげましょう。

最初は広めのスペースを用意しましょう

最初のうちはトイレの周りに広めに新聞紙を敷いておき、徐々に枚数を減らしていくと失敗したときも安心です。トイレの場所を覚えるために、トイレシーツにワンちゃんのお気に入りのおもちゃなどのニオイをつけておくのもいい考えです。

あとは「マテ」「オシッコ」「ヨシヨシ」など、コミュニケーションをとりながら教えると、トイレも飼い主さんとの大事なスキンシップになります。

確実にオシッコできるようにシートの周りをサークルで囲うなど、グッズを活用するのも効果的です。