【動画でわかる】犬のドライシャンプーの手順をプロが解説。水を使わないから、犬に負担をかけずに清潔キープ!

汚れやニオイが気になっても、そんなに頻繁にはシャンプーが出来ないという飼い主さんも多いのでは?そんなとき、おすすめなのがドライシャンプーです。すすぎ不要で水を使わず、泡をつけて拭き取るだけなので、犬への負担が少なくてすみます。愛犬が高齢だったり病気やケガで、なかなかシャンプー出来ないときも、日常の清潔維持におすすめです。

<監修・実演>箱崎 加奈子先生(獣医師・トリマー・ドッグトレーナー)

まずは動画をチェック

犬のドライシャンプーの手順をもう一度見ていきましょう

用意するもの

泡をつけて拭くことでニオイや汚れが取れる「水のいらないシャンプー」を用意します。

泡をつける

水のいらないシャンプーを手にとって、愛犬の体に泡を少しずつのばしていきます。全身にまんべんなく行きわたるようにしましょう。

愛犬が短毛種の場合は、タオルの上に泡を出して、タオルでのばしていってもかまいません。

泡をなじませる

全身に泡をのばしたら、やさしくマッサージするように、泡を被毛全体によくなじませます。

皮ふや毛の根元の汚れを残さないよう、とくに長毛種の場合は毛の深くまで、泡をしっかりもみこむようにしましょう。

タオルで拭き取る

泡を十分になじませたら、タオルで拭き取っていきます。足裏やお尻周りなど、汚れが気になる箇所はていねいに拭き取りましょう。

泡で体が濡れすぎてしまったときは、乾いたタオルでよく拭いてあげることを忘れずに。

箱崎先生からのアドバイス

水のいらないシャンプーは手軽に使えるので、高齢犬や子犬、体調不良などで洗えない愛犬にもオススメ。             
口周りの汚れを拭き取るときにも便利です。

あわせて読みたい