猫の汚れが気になったら?水嫌いでも大丈夫、子猫の頃から始めたいおうちシャンプーのススメ

猫の多くは水が苦手。
しかも自分で体をなめて毛づくろいをするので、シャンプーをしたことがない飼い主さんもおられるのでは?
でも、清潔を保つにはセルフグルーミングだけでは不十分なことも。
汚れが気になったら、猫ちゃんに応じた方法でシャンプーしてあげましょう。

<監修>東京猫医療センター 院長 服部幸先生

北里大学獣医学部卒業。2年半の動物病院勤務。2005年より猫専門病院の院長を務める。2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。2012年東京猫医療センターを開院する。2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。15年間、猫の専門医療に携わる。主な著書に、『猫を極める本』(エデュワードプレス)、『もっと! ネコにウケる』(ワニブックス)、『猫専門医が教える こんな時どうする?』(洋泉社)など。

猫ちゃんにシャンプーは必要?

猫ちゃん任せの毛づくろいだけでは、汚れが十分に落としきれません。
とくに長毛種の子はお手入れが行き届かず、毛玉の原因にも。必要に応じて飼い主さんがシャンプーしてあげましょう。

猫ちゃんがシャンプーを嫌いなワケ

一般に、猫ちゃんはシャンプーが苦手。もとは砂漠に棲んでいた動物だから水が苦手ということもありますが、シャワーの音や水圧、ドライヤーの音なども嫌なのかもしれません。セルフグルーミングをするから無理にシャンプーしなくても、と思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。

自分の体をなめて行う毛づくろい。

セルフグルーミング任せにできないことも

しかし、猫ちゃんのセルフグルーミングだけに任せておけないケースもあります。例えば、汚れやすく毛玉ができやすい長毛種、舌が届かない部位の汚れ・・・など。そんなときは飼い主さんの手助けが必要です。子猫の頃から徐々に慣らして、おうちシャンプーを習慣にしましょう。

こんなときは手助けが必要

猫ちゃんのセルフグルーミングでは不十分な場合、飼い主さんの手助け=シャンプーが必要となります。

グルーミングが行き届かない部位
目や鼻のまわり、あごなどは自分ではキレイにできない
汚れやすく毛玉ができやすい長毛種
お尻まわりはとくに汚れやすい

猫ちゃんのシャンプーは無理のないやり方から始めよう!

猫ちゃんの汚れが気になったら、シャンプーにチャレンジしてみましょう。
猫ちゃんが慣れるまでは、汚れた箇所の部分洗いのみにとどめるなど、無理をしないことが大切です。

シャンプー前にここをチェック!

シャンプーは、必ず猫ちゃんの体調のいいときにしましょう。また水嫌いの猫ちゃんの場合、シャンプー時にパニックになって、飼い主さんを引っかいたり、外に脱走したりする危険性があるので、準備・対策を怠らないように。

シャンプー前のチェックポイント
  1. 猫ちゃんの体調は万全?
  2. 猫ちゃんの熱は高くない?
  3. お互いの爪は切った?
  4. 扉や窓は閉まっている?

汚れた箇所だけ部分洗いしてみよう

水で洗い流すシャンプーに挑戦するとき、まずは、お尻まわりなど、汚れやすい部位の部分洗いから始めましょう。
ただし、少しでも嫌がったら、ムリ強いはしないこと!

水を使った全身シャンプーに挑戦!

水を使った全身シャンプーをするときは、事前にブラッシングで抜け毛をしっかり取り除いておくこと。
お湯は38℃ぐらいで。次のことに注意しましょう。

全身シャンプー時の注意点
  • 目や耳にシャンプーを入れないために、顔にはシャワーをかけずスポンジで洗う!
  • 洗った後は、毛玉をつくらないよう素早く乾かすのがポイント!

LION おすすめの商品

ペットキレイ 顔まわりも洗える 泡リンスインシャンプー 子犬・子猫用
泡立てる手間いらずで、すすぎも手早くすみ、シャンプー慣れしていない子猫にもおすすめです。
パッケージ写真
ペットキレイ 低刺激シャンプー 子犬・子猫用
デリケートな肌の子犬・子猫、皮ふの弱い愛犬・愛猫におすすめの低刺激シャンプー。
パッケージ写真
ペットキレイ 低刺激リンス 子犬・子猫用
デリケートな肌の子犬・子猫、皮ふの弱い愛犬・愛猫におすすめの低刺激リンス。
パッケージ写真

お水を使ったシャンプーを嫌がる猫ちゃんには・・・

どうしても水を使ったシャンプーが苦手な猫ちゃんも、あきらめることはありません。
水を使わないシャンプータオルやドライシャンプーなどを利用して、猫ちゃんに合ったお手入れをしてあげましょう。

シャンプータオルならお手入れカンタン!

水が苦手な猫ちゃんのお手入れは、シャンプータオルからスタート。
ニオイや汚れをスッキリ拭き取り、毛もサラサラに。日常のボディケアにとても便利です。

泡をつけてふきとるドライシャンプー

水嫌いだったり、高齢で体に負担をかけたくない場合は、ドライシャンプーもおすすめ。軽く湿らしたタオルに泡をつけ、マッサージするように拭き取り、ブラッシングして仕上げます。泡をしっかりもみこむので、毛の深くまで汚れがスッキリ。

LION おすすめの商品

クイック&リッチ トリートメントインシャンプータオル 愛猫用 ノンフレグランス
極上の仕上がり感を追求したシャンプータオル。拭き取るだけで、毛づや輝くサラサラな手触りへ。
パッケージ写真
ペットキレイ 水のいらないリンスインシャンプー 子猫・子猫用
泡をつけてふくだけ簡単!水を使わず、手軽に汚れ・ニオイをすっきりふきとります。
パッケージ写真

あわせて読みたい